日記 (4) - 口コミなしのネットワークビジネスで大成功!これで派遣社員からも脱出か?

お金持ちは一流でなくてもなれます。その秘訣とは・・

fc9d22a523ef57b1159c7667d05561da.jpg


学校では主に国語・数学・社会・理科・英語を習いますが、
果たして実際に社会に出てどれほど役立っていると思いますか。

専門職に就くために大学で専門分野を学んだ人を除いてはほとんどの人が
学校で学んだことの数%しか役に立っていないのでは、と思います。

ところで、いつも私は不思議に思うことがあります。

それは、「誰もが一生必要なお金についてなぜ学校で教育をしないのか」
ということです。

日本人は特にお金の使い方が上手でないと聞いたことがあり、
お金を使うことは当たり前だからお金の教育について考えたことがない人がほとんどのようです。

その結果、大学を卒業して社会人になり、自分で稼いだお金で夢が広がると
思いきや、多くの人が社会人1年目からお金に苦労し、思うようにお金を管理できない人が多いようです。

社会人になって初めての給料をもらったときは天にも昇るような気持ちでしたよね。
しかし、多くの人がこの初給料を一ヶ月足らずで使い果たしてしまうそうです。

私もそうだったと記憶しています。
これもお金を使いこなせていない証拠です。

最近、お金の教育をするための専門学校をちらほら見かけるようになりましたが
お金の教育を受ける機会を自ら作らない限り学べる環境はほぼ皆無といってもいいでしょう

本当のお金持ちになっている人はほとんど独学で、あるいは人づてに
お金の教育を受けているそうです。

「あなたはもしお金持ちになるにはどうしたらいいか」
と質問されたらどう答えますか

「一生懸命勉強して一流大学に入り、優良企業に就職する」
「医者、弁護士スポーツ選手、芸能人になる。」
「会社で業績を上げ、昇進して管理職に就く」

多くの人はこう答えるでしょう。
しかし、いくらエリートであったとしてもお金の教育がされていないと
多く稼いだところで浪費をして文無しに転落してしまうだけです。

芸能人やスポーツ選手が引退後、僅か数年で貧乏に転落なんて話はよく聞きますよね

私も最近、お金の教育を全く受けないまま社会に
出るのは非常に危険な行為なのではないかと思うようになりました。

しかし、お金について正しい知識を身につけ、今からお金持ちになるには
遅くはないと思います。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今日からあなたもお金持ちの仲間入り!正しく稼ぐには


お金の失敗を経験した人へ朗報です。大逆転の方法は・・・

illust3476.png


あなたは今までに「お金」で損をしたことはありませんか。

一生懸命稼いだにもかかわらず、瞬く間にお金を浪費し、
文無しになってしまう人を多く見かけます。

一方収入が少ないように見えるが、いつのまにそんなに稼いだのか
と思うほど貯金をしている人もいます。

日本では特に学校でお金の教育を受けられないため、
お金を上手く使いこなせない人が多く、経済大国にもかかわらず、
貧富の差が拡大しつつあるようです。

お金の問題で、欲しいものが買えない程度で
すめば可愛い話です

しかし時には友人や家族に迷惑をかけ、関係を悪化させたり、
最悪の場合家庭崩壊に至るケースもあります。

また、うまい話にのって詐欺にあったり、お金の悩みでうつ病に
なるひとも大勢いるほどです。

だが、お金で失敗を経験してもそこから学び、お金に対する姿勢を
少し変えるだけで、問題を解決することさえできます。

「お金はよくないもの」「お金を貪っていはいけない」
とよく言われますが、誰がなんていおうとやはりお金がなければ生活も出来ないのです。

少なくとも日本は資本主義経済であり、お金を中心に回っています。
今の日本でお金で買えないものなどほとんどないと思いませんか。

お金は上手に使いこなせば生活が潤い、幸せな家庭を築くことができます。
しかし、お金と上手く向き合えないために幸せをつかめない人も大勢います。

そういう人に限って「お金がすべてじゃない」などとしきりに言いますよね。

確かにお金がすべてではないですが、今何か問題を抱えているとすれば、
胸に手を当てて冷静に考えてみると、あともう少しだけお金に余裕があれば
解決、あるいは改善できる問題って必ずあると思いませんか。

しかし、給料アップが難しい世の中で、今すぐに2万や3万円と
いった金額を手にすることは当然不可能です。

それでも、今からでも将来お金に困らないための備えをすることは
誰でもできます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
権利収入で豊かで幸せな家庭を築くためには

子供かいるなら働くな?!家で出来る仕事を行えば・・・

okaasan.png

共働きが多い現代、家計の為に朝から晩まで忙しく働いているお母さんも
少なくないですね。

そして仕事が終わり、職場から家に帰宅しても、ゆっくり出来る訳ではなく、
まだ色々と家事を片付けなければなりません。
炊事、洗濯、掃除・・・
やるべき事は沢山あります。

そのため、多くの働いているお母さんは例えゆっくり子供とお話をしたり、
悩み事を聞いたりなど、”コミュニケーション”を取りたくても、余裕の
ある時間はなかなか取れないのが現状です。

ある「育児をしながら働いているお母さん」250人と「マネジメント層の男性」
250人に対するインターネットリサーチによりますと。

「働く理由」について男女共に「家計に必要」が最も多く、(男76%、女78.8%)
となっており、そして注目すべき所は、女性の44%が「自由のお金が欲しい」
と回答し、更に46%の女性が「子供との過ごす時間が少ない」と回答しています。

「自由なお金が欲しい」が44%で
「子供との過ごす時間が少ない」のが46%

明らかに多くの女性(お母さん)は”お金”と子供と過ごす”時間”両方を
欲しがっていますね。

「自由なお金が欲しくて働きたいなら子供を作るな!」
この様な意見が出て来るのはもはや予想出来ますね。

確かに、子供とのコミュニケーションは非常に大切です。
幼稚園や小学生の子との会話は無論大切ですが、中学生や高校生など「思春期」
な子との会話も非常に重要だと思います。

恐らく多くの人は「子供が思春期になったら、”独立”を習い始めますので、過剰な
干渉すると子供の成長を防ぐ事に成ります。
よって、余り干渉しないほうが良い!」だと思っているのでしょう。

しかし、私は「親の考え方を押し付ける」のは無論良くないですが、
「子供と会話して悩みを聞く」事に関しては非常に重要だと思います。

思春期や反抗期の子供はついつい悩みや思っている事を隠しがちになりますね。
加えて感情の起伏が激しい時期ですので、もし親が適切にコミュニケーション
を取っていないと、色々と”よろしくない事態”が発生してしまう事になります。

ただ、「子供がいるから働くな!」と言う意見も賛成しかねます。

確かに自分のお子遣いを稼ぐ為に働いているお母さんは多いのですが、それと
同時に「家計」の為に働いているお母さんも少なくありません。
よって、「子供がいるなら働くな!」というのは根本的な問題は解決出来ません。

私はこの様な問題を解決するには、在宅で出来る副業を行うしか解決出来ないと思います。

将来生活に困らない程の権利収入・不労所得を得る方法とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。