ネットワークビジネス - 口コミなしのネットワークビジネスで大成功!これで派遣社員からも脱出か?

お金持ちになる人とそうでない人は何が違うのか?

free-illustration-money-02.jpg


真の経済的安泰を得たいなら、本当にお金持ちになりたいならお金が増えていく方法を知らないといけません。

賢いお金の使い方知らないために多くの人は、お金を出来るだけ多く稼ぐために骨を削って残業し
ては浪費をし、お金に人生を振り回されて虚しい人生を送ってしまうのです。
日本では未だに、お金持ちになるには、「一流の大手企業に就職して一生懸命働き、出世をすべき」いった考えが根強く残っております。

そのために受験戦争を勝ち抜き、一流の会社を目指すが、一流企業で一生懸命働けば一生安泰、会社があなたの人生を保証してくるといった考えはバブル崩壊以前の考えであり、今ではそれが通用しません。
さらに、一生懸命稼いだにも関わらず、多くの人はお金の使い道のほとんどが「貯蓄」です。

だが、アベノミクスの大胆な金融政策により、貨幣価値が下がり続ければ、例え銀行に預金をしようと日々残高が減り続けているのと一緒です。

本当に豊かになるためには、命がけで働いて貯金をすることではなく、仕事をしなくても継続的に入ってくる「権利収入」を稼ぐシステムを作り出すことです。

連日残業をして+αの給料を稼ぐことに労力を注ぐくらいならその時間を使って一生お金に困らないようにする方法を見つけるほうがよっぽど賢いと思いませんか?

しかし日本の業種のうち約95%は労働収入から収入得るパターンであり、権利収入で生計を立てている、あるいは副業として権利収入を稼いでいる人は極僅かです。
それ故、権利収入を稼ぐ方法を知らない、あるいは周りがやっていないから失敗を恐れて一歩踏み出せない人がほとんどです。

現在、富裕層と呼ばれる人は、医者や大企業の経営者と投資家に大きく分けられるが、
前者は高い学歴や経験、才能がないと仕事として成り立たないですね。
しかし、後者は素人でも誰でもなれます。

才能や学歴のもなく素人でも気軽に始められるビジネスとして、
最もオススメするのがインターネットで集客を行うネットワークマーケティングです。

一般的に、ネットワークビジネスで成功するためには幅広い人脈と高い営業力がないと難しいですね。
しかし、インターネットがあなたの代わりに営業活動をしてくれるため、人脈ゼロでもシャイな口下手でも関係なく成功をつかめます。

始めのうちはお小遣い程度の収入であるかもしれませんが、努力は裏切りません。
コツコツと努力を重ねた結果がやがて大きな収入となり、権利収入だけの生活も夢ではありません。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
毎月安定した副収入により、一生お金に困らない生活基盤を作り出す方法

人手不足と就職難の矛盾

busy_man.png


最近高齢化、労働人口減少に伴い、さまざまな業界で「人手不足」が騒がれるようになっていきましたね。
現在日本企業の約8割が人手不足を実感しているようで、3社に1社は採用予定人数を確保できていないようです。
にもかかわらず相変わらず就職難なんて矛盾していると思いませんか。

最近は企業側にも余力がないようで人件費、採用コストを少しでも抑えたいと考える傾向が強いようです。

しかし、今年6月の有効求人倍率は1.10と22年振りの高さを記録し、失業率も微々たる割合ですが下がっています。
そういえば最近、駅や電車の社内広告、WEBサイトのバナー広告など至る所で求人情報があふれておりますよね。
そんなときだからこそ転職をして収入アップのチャンスだと思う人が多いかもれません。

しかし、求人情報を出している企業の多くは人手不足に悩まされている企業です。
そういった企業はブラック企業や、経営状態が悪く、仕事に見合っただけの給料を支払えない企業が多いようです。

会社の抱える人手不足問題は雇われている側からすれば対岸の火事に思えるかもしれません。
しかし、人手不足が故に社員一人ひとりの負担が大きく、長時間残業が常態化している会社も存在します。
もし仮にいざというときに自分に代わって仕事をしてくれる人材がいれば、気軽に仕事を休むことも出来ます。しかし、人手が足りなければ風や病気、冠婚葬祭などで会社を休まなければならなくなった際に、無理をして出社し、気合で乗り切らなければならないことを覚悟しなければなりません。

たとえ、有給休暇を取得できる状況であったとしても
「ここで休んだら他の社員の負担が増える」
「休んだ分、あとで休日出勤や残業で埋め合わせをしなければならない」
「みんなから白い目で見られる」

といった罪悪感にかられ、結局やむを得ず無理して働いて健康を害するケースが多いようです。
また、人手不足ゆえか、「有給休暇を取ってはいけない」「定時で帰ってはいけない」的な社風が定着している企業も多く知っています。

ここで、私の経験を話しますが、私も年収アップを期待して転職したことがありますが、給料が下がったばかりか、人手不足のため、一人の社員に仕事が集中して残業が常態化し、体調を崩して休職を取ったり、常にクタクタの社員が多くいました。
私も連日残業付けで果たしていつまで仕事が続くだろうかと不安さえ感じました。

そこで考えたことは、年収アップを期待してリスクを冒して転職するよりはサイドビジネスからの副収入を増やしたほうがよっぽど賢明であることです。

実際お金持ちの多くは収入源を複数持っており、ほとんどを権利収入で稼いでいます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本業の収入を上回る権利収入を稼ぐ方法

会社に行きたくない。仕事を辞めたい。でも生活はどうする?

sigoto

あなたはサザエさん症候群って知ってますか?
日曜日の夜にサザエさんのオープニングを聞いただけで急に「明日からまた仕事に行かなければならない」という現実を突きつけられ、憂鬱な気分に陥ってしまう症状のことです。

サザエさん症候群になると、酷いときにはつ状態陥ったり、体調を崩す人さえいるそうです。
なんだか笑い話のように聞こえてしまうかもしれませんが、本当にあることなんです。

いわゆる「仕事うつ、ブルーマンデー症候群」の一種ですね。
こういった症状に陥りやすい人は次のような特徴があります。

・独り暮らしで趣味が少ない
・ストレスを発散する場所がない、あるいは方法がない
・仕事に対して強いストレスを抱いている
・何事に対してもモチベーションが低い
・会社に縛られ、仕事漬けの人生を送っている

実際、仕事のストレスが原因でうつになる人は「3人に1人」もいるといわれております。
しかし、仕事をすると鬱になるからといって簡単にやめたりするわけにはいきませんよね。

ではもしこういった症状に陥った場合はどう対処したらいいのでしょうか。
簡単です。
「サザエさんなんか見なければいいのです!」

冗談はさておき、ネットで調べてみたところ、次のような対処法が目に付きました。

・休日に友人とドライブに出かけ、普段と違った環境に身をおく
・スポーツを楽しむことで、ストレスを発散する。
・月曜日だけはちょっと高級なお店で食事をとる、好きなものを買う週にするなど自分にご褒美を与える。

なるほど、どれも非常によいアイデアですね。
確かに症状を和らげることはできそうですが、この手の病は
根本的な治療方法はないそうです。

やっかいなことに、鬱の症状を持っている人は仕事でストレスを感じるほど悪化していき、この先仕事を継続出来るかという不安からさらに症状が悪化していきます。
では「思いきって休職を取って治療に専念してみては」、と思うかもしれませんが、休職中に、職場復帰することを考えるとますます憂鬱になり、また、休職を続ければいつかは生活が出来なくなるというお金の不安も付きまといます。そして鬱で休職を取る人はたいてい職場復帰が出来ないそうです。

仕事をしなければ給料ももらえないため生活も出来ませんよね
そんなときに生活保護を受けるといった手もありますが、生活保護だけでは限界があります。
そんなときにある程度生活を維持できるほどの権利収入があれば安心して仕事を休みながら治療に専念をすることができます。

もし仕事にストレスを抱えており、出来れば辞めたい、休みたいと考えているようであれば
将来に備え、今から備える方法があります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
会社を辞めても副収入だけで生活をする方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。