口コミなしのネットワークビジネスで大成功!これで派遣社員からも脱出か?

子供は経済負担の元?!幼児教育の無償化拡大は先送り?そしてどうすれば・・・


kodomo3.png

子供が生まれたばかりなので、養育費が不安です。」
恐らくこれは多く子供を育てているお父さんお母さんが悩んた事のある問題
でしょう。

そのため、多くこれから子供が生まれる、あるいは現時点で子供を育てている家庭は、消費税増税による様々な「子育て支援」や「少子化対策」、「社会保障」に期待を寄せているのです。

ところが、最初に「増税の変わりに少子化対策を行う」を謳っていた政府や政治家達は、今年に「幼児教育の無償化の拡大」は”先送り”を決めた様です。

この様な事態、多くの親御さんは納得行かないのでしょう。

議員や公務員の給与やボーナスの引き上げは速やかに決行するのに、子育て支援や少子化対策の政策はなかなか前に進まない。これでは、消費税増税を行った意味が無いですね。

恐らく政府や政治家、国家公務員や議員達は本気で少子化問題を解決しようと思っていないでしょう。

「子供が少なければ”移民”を入れれば良い!」
「日本人が少ないなら人件費の安い外国人労働者研修生を使えば良い!」
これが今日本の多くの政治家や事業主が考えている事です。

昔は「三人目の子供は欲しいけど経済的にはちょっと・・・」と言う声を
多く聞くのですが、最近では「子供の二人目は経済的に無理です」という
声を多く聞きます。

子供には良い教育を受けさせたい!」
これは多くの親御さんの共通している願いでしょう。

しかし、一部お金持ちの家庭を除けば、殆どの家庭はギリギリな生活を送っている一般家庭ですね。
夫の給料アップや昇進は直ぐ叶える訳ではないですし、主婦が働きたくても子供の小さい内はなかなか働きに出掛ける事は出来ません。
例え子供が中学校や高校になり、子供の「大学費」を稼ぎたくても、簡単なパートやアルバイトでは莫大な大学費を稼ぐのは難しいでしょう。

しかもパートもアルバイトもいずれ「労働収入」になりますので、イザ事故や病気になったら一瞬で働けなくなり、収入は途端に途切れる事になります。

そのため、私はパートやアルバイトよりも、今は先に在宅でパソコン1台で行える副業を行い、権利収入・不労所得を得えるシステムを建築しています。

将来生活に困らない程の権利収入・不労所得を得る方法とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。